信州大学とNEC、信州ブレイブウォリアーズのホームゲームでデータ分析・活用のフィールド実証を実施

Information
Retrieved on: 
Friday, January 6, 2023
Organisation: 




東京, 2023年1月6日 - (JCN Newswire) - 信州大学教育・学生支援機構と日本電気株式会社(以下 NEC)は、今期の信州大学の全学横断特別教育プログラム「ストラテジー&リサーチ・リテラシーゼミ」(注1)において、NECと株式会社BCC(以下 BCC)で共同開発した、店舗や施設、イベントなどの来場者の属性の傾向を分析する「来場者分析サービス~視来リンク~」(注2)を活用し、プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)B1所属の信州ブレイブウォリアーズのホームゲームで、地域活性化に向けたデータ分析のフィールド実証を2023年1月に実施します。

実証の概要

本実証では、信州大学ストラテジー&リサーチ・リテラシーゼミの受講生が、2022年11月に長野市真島総合スポーツアリーナ(以下 ホワイトリング)で開催された信州ブレイブウォリアーズのホームゲームで取得した来場者の属性の傾向(※)に基づいて来場者増加などに向けて立案した施策を実施し、その効果を検証します。実施した施策の効果は、2023年1月7日にホワイトリングで開催されるホームゲーム来場者の属性データと2022年11月の実証実験で取得したデータとの比較を行い検証します。

実証実験内容

- 来場者の属性分析と、データに基づいて立案した来場者増加・グッズ売上増加に向けた施策の実施
- 施策による来場者増加・グッズ売上増加効果の検証

来場者増加・グッズ売上増加に向けた主な実施施策(予定)

- 大学生・専門学校生世代を対象にしたSNS投稿
- 会場内の案内(サイン)をどこに、どのように掲示するか等のサイン計画のアップデート
- 大学生・専門学校生向けチケット企画

検証方法

- 会場内2か所(入場口、グッズ売場)で来場者の属性(推定年齢、性別、日時、人数カウント)を取得
- 施策実施前(22年11月)と実施後(23年1月)のデータを比較し、時間帯ごとの推定年齢・性別データから来場者の属性の傾向を分析し、効果を確認

信州大学とNECは、本実証の結果を踏まえ、長野県内のさらなる地域活性化に向けた産学連携の取り組みを引き続き行っていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202301/20230106_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation

Copyright 2023 JCN Newswire . All rights reserved.