安田倉庫とエーザイ、エーザイの子会社であるエーザイ物流を安田倉庫に譲渡する契約を締結

Information
Retrieved on: 
Wednesday, December 28, 2022
Organisation: 




東京, 2022年12月28日 - (JCN Newswire) - 安田倉庫株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:藤井信行、以下 安田倉庫)とエーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)は、このたび、エーザイの完全子会社であるエーザイ物流株式会社(本社:神奈川県、以下 エーザイ物流)の全株式を安田倉庫に譲渡する株式譲渡契約を締結しましたのでお知らせします。株式譲渡日は 2023 年 3 月31 日を予定しています。

エーザイ物流は、1991 年 4 月にエーザイの 100%子会社として設立され、主にエーザイグループ製品の物流関連業務を担い、安定供給に貢献するとともに、サードパーティ製品の取り扱い実績も多く、医薬品物流に特化した豊富な経験とノウハウを有する企業です。

安田倉庫は、2030 年のあるべき姿としての「長期ビジョン 2030」と、長期ビジョンを実現するための計画として中期経営計画「変わらず、変える。YASDA Next Challenge 2024」を策定し、更なる成長に向けた事業体制の構築をめざしています。エーザイ物流の持つ医療用医薬品配送ネットワークと安田倉庫グループの持つ倉庫運営経験を融合させることで、安田倉庫グループの成長戦略の重要な柱であるメディカル物流事業におけるサービスの向上、拠点の拡充など、これまで以上に高品質なメディカル物流サービスの実現につながると判断しました。

エーザイは、患者様と生活者の皆様の「生ききるを支える」をビジョンとして人々に貢献する医薬品とソリューションの創出に取り組んでいます。医薬品の物流事業環境が大きく変化する中、エーザイは、今回の譲渡により、事業領域の選択と集中をはかり、自社グループ製品のさらなる安定的かつ効率的な供給を追求します。エーザイ物流は、安田倉庫グループの傘下に入ることでシナジー効果が発揮され、同社の持続的成長とさらなる発展に加え、日本における医薬品の安定供給により一層貢献することが期待されます。

エーザイ物流は、2023 年 4 月 1 日以降も引き続き、エーザイグループ製品の物流関連業務を担います。また、一定期間を移行期間として定め、その期間中は、エーザイは安田倉庫に対してエーザイ物流の事業継続に必要なサポートを行います。

なお、本件に伴うエーザイの 2023 年 3 月期の業績予想に変更はありません。安田倉庫の 2023年 3 月期の業績予想にも変更はありません。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2022/news202294.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai

Copyright 2022 JCN Newswire . All rights reserved.