千億米ドルの規模に達したアンチエイジング市場に対し、「効果的なアンチエイジング」コンセプトを掲げるブランドLAMRING

Information
Retrieved on: 
Tuesday, November 23, 2021 - 3:00am




上海, 2021年11月23日 - (JCN Newswire) - 美白、保湿、アンチエイジングは従来、スキンケア市場の3つのコア領域である。近年、肌の改善ニーズの高まりや、アンチエイジングなどの概念が台頭し、アンチエイジングが訴求の中心になりつつある。市場調査会社のZionMarket Research(ジオンマーケットリサーチ)が発表したデータによると、2021年のアンチエイジング市場の規模は2160億ドルに達し、前年同期比7.5%増加する。全員アンチエイジングを行う時代が到来しつつあり、アンチエイジング分野に焦点を当てたブランドが徐々に大衆の視野に入ってきている。




消費者の日々高まるアンチエイジングのニーズを満たすために、LAMRINGは創立当初から「効果的なアンチエイジング」という先見的なコンセプトを掲げ、肌に必要なアンチエイジングの効能を科学的に抗糖化、抗酸化と保湿の三つに分類し、それぞれに対し、効果的なスキンケア製品を研究・開発した。基本的なディープハイドレイティングと保湿を実現するだけでなく、抗糖化と抗酸化のハイエンドなダブルアンチエイジングを実現し、肌の老化を効果的に遅らせ、スキンケア業界と消費者に認識され、求められている。

研究によると、人体の皮膚組織は约25歳前後で成長を停止し、有害なフリーラジカルから肌を保護できなくなる。環境や気候、ストレス、生活リズムの乱れなどの外的要因と相まって、肌細胞の自己修復能力は徐々に弱くなり、くすみ、毛穴、たるみ、小じわ、乾燥じわ、頬の筋肉の衰えなど、肌の老化症状を経験し始める。「女性のアンチエイジングへの投資に関する洞察レポート2021」は、世界中の78%の女性が肌の状態に満足しておらず、「プライマリーエイジング」の問題への関心が高まっていることから、アンチエイジング製品に対する需要が高い伸びをつづけたことを指摘している。 同時に、美容整形などの手段はリスクがあるため、消費者はより日用のスキンケア製品を通じてアンチエイジングする傾向がある。 美白、保湿などの製品とは異なり、アンチエイジングケアはスキンケア効果のピラミッドの最上位にあるため、研究開発、技術面での実力がより求められる。

そのため、LAMRINGは「ピカソ美化学研究所」と協力し製品開発を行った。 1935年に設立されたピカソは、「日本のベースメイクの創始者」として、国産スキンケア処方と品質の代表として知られている。 4つの研究開発拠点と6つの生産技術拠点、8,000個のベーシックスキンケア処方で、アンチエイジングとブライトニング効果のある製品の研究開発という点で、国産スキンケア業界の最先端の技術レベルを表している。

LAMRINGはSPシリーズに、84年の歴史を持つピカソ研究所が特許を取得した有効成分「ムコ多糖」を配合した。一般の多糖類と比べ、「ムコ多糖」は効果的に肌に潤いを与え、肌の透明感を生み出し、長期間の使用によって肌のくすみが改善される。また、LAMRING SPシリーズでは、スター抗糖化成分「カルノシン」をたっぷり配合し、抗糖化、抗酸化、ブライトニング、LEC導入の高い浸透性により「3段階のブライトニング」を実現できた。メラニンの生成、糖化、酸化、光老化、たるみなど肌の老化問題を効果的に抑制する。それと同時に、肌の炎症のやわらげと保湿にも役立つ。

LAMRINGブランド側は、アンチエイジングというスキンケ業界で最近話題のキーワードに注目し、消費者の需要に向き合い、専門のR&Dチームを編成し、先進なアンチエイジング技術を応用し、効果的なアンチエイジング製品の研究開発に取り組んでいると述べた。 このブランドは、一流の皮膚科医、権威ある学者、業界の専門家による専門的な分析と解釈を通じて、「効果的なアンチエイジング」の概念を業界と消費者に広めたいと考えている。

Media contact
Brand Name: LAMRING
Contact Person: Dora
Email: doradu@lamring.com
Website: https://lamring.com/

Source: LAMRING

Copyright 2021 JCN Newswire . All rights reserved.