Honda、世界選手権30連覇をトニー・ボウ選手が達成

Information
Retrieved on: 
Monday, November 22, 2021 - 4:00am




トライアル世界選手権、Xトライアルでそれぞれ15連覇

東京, 2021年11月22日 - (JCN Newswire) - 2021 FIM※1X-Trial世界選手権(以下、Xトライアル)シリーズ 最終戦 バルセロナ大会が、11月21日に開催され、レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のトニー・ボウ(Toni Bou)選手が、15回目のシリーズチャンピオンを獲得。これにより既にタイトルを獲得しているFIMトライアル世界選手権(以下、トライアル世界選手権)とあわせて、世界選手権で前人未到の30連覇を達成しました。

トニー・ボウ選手は、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)の契約ライダーで、ワークスチーム※2レプソル・ホンダ・チームより、ワークスマシン「Montesa COTA 4RT」で参戦しています。今シーズンのXトライアルは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、全2戦でタイトルが争われました。トニー・ボウ選手は、11月7日にアンドラで開催された開幕戦で優勝すると、バルセロナ大会でも優勝し15連覇が決定しました。

トライアルとは、障害物をバイクで乗り越えながら進み、いかに足を付かずにゴールへたどり着けるかという技術を競う競技です。トライアルの世界選手権は2種類あり、Xトライアルは「インドア」とも呼ばれ、スタジアム内に設置された人工的な競技区間での華やかな雰囲気で開催されます。一方、「アウトドア」は、5~9月に開催されるトライアル世界選手権を指し、自然の地形を生かしたコースでダイナミックな走りを見ることができます。

レプソル・ホンダ・チーム トニー・ボウ
「ラッキーでした。最初のラウンド1の第1セクションでミスを犯し、それによって同じグループのアダム・ラガ(TRRS)とは厳しい戦いを強いられることになりました。失敗は許されませんでした。しかしその後はうまく走り、うまく試合を運ぶことができました。パラオ・サン・ジョルディの夜は、すばらしいものになりました。僕のトライアル活動を支えてくれるすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。僕たちは、常に一生懸命働いています。おかげで、すばらしい結果を得ることができました。いつも限界を超えたその先を目指しています。そうして得た30連覇は、大きな成果です。また、今日のガブリエル・マルセーリ(モンテッサ)はすばらしかった。彼は2位にふさわしい。彼は一生懸命働く、強いライダーです。彼は本当にがんばっています」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2021/c211122.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda

Copyright 2021 JCN Newswire . All rights reserved.