エーザイ、社会的責任投資指数「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」に8回目の選定

Information
Retrieved on: 
Friday, November 19, 2021 - 3:00am
Stock Symbol: 




東京, 2021年11月19日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、社会的責任投資(Social Responsibility Investment: SRI)の世界的投資指数である「Dow Jones Sustainability Index」(DJSI)のアジア・太平洋版「DJSI Asia Pacific Index」の対象銘柄に選定されましたのでお知らせします。当社は今回が 8 回目の選定となります。

「DJSI」は、RobecoSAM AG(スイス)と S&P Dow Jones Indices LLC(米国)が 1999 年に開発した指標であり、経済・環境・社会の 3 つの観点から企業の持続可能性を評価するものです。環境・社会・ガバナンス(ESG)を中心とする非財務価値向上に対する企業の取り組みを重視する世界中の投資家にとって、重要な投資判断基準の一つになっています。今回の「DJSI Asia Pacific Index」には、アジア・太平洋地域の主要企業約600社のうち上位153社(うち日本企業は77社)が選定されました。当社は、「環境への取り組みに対する情報開示」「人権への取り組み」「製品の品質とリコールマネジメント」のほか、アフォーダビリティや医療費抑制への貢献といった「コスト負担への取り組み」などの項目において高い評価を受けました。

当社は、「DJSI」と並ぶ世界的 SRI 株価指数である「FTSE4Good Index Series」や、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によって採用されている日本株の 4 つの ESG 投資指数である「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」、「FTSE Blossom Japan Index」、「MSCI ジャパン ESG セレクト・リーダーズ指数」および「S&P/JPX カーボンエフィシエント指数」にも選定されています。

当社は、患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献し、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足することを企業理念と定めています。当社は、この理念の実現のために、ESG への取り組みを強化し、非財務価値を高めることにより、持続的企業価値向上に努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2021/news202191.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai

Copyright 2021 JCN Newswire . All rights reserved.