デンソー、安城製作所 電動開発センターでCO2循環プラントの実証実験を開始

Information
Retrieved on: 
Wednesday, April 7, 2021 - 9:00am
Organisation: 
Denso
Stock Symbol: 




2035年 カーボンニュートラル実現に向け、技術開発を加速

愛知, 2021年4月7日 - (JCN Newswire) - 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、工場から排出される二酸化炭素(CO2)ゼロを目指し、CO2を回収して循環利用する実証施設「CO2循環プラント」を安城製作所 電動開発センター内に建設し、実証実験を開始しています。

デンソーは、昨年より「環境」「安心」分野での成長戦略の立案・実行と、環境変化に左右されない「引き締まった強靭な企業体質への転換」を同時に推進する変革プラン「Reborn(リボーン)21」を推進しています。その中で、「環境」分野においては従来からの取り組みを加速させると共に、CO2排出を2035年までに実質ゼロ、つまりカーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。その実現に向けて、デンソーは「モノづくり」「モビリティ製品」「エネルギー利用」の3つの領域全体でCO2排出ゼロに取り組みます。

実証実験を開始した CO2循環プラント*は、主に工場で発生するCO2を回収し、エネルギー源や他の材料に循環利用することを想定した設備です。ここでは、ガスを使用する機器の排気から回収したCO2と、再生可能エネルギー電力を用いて生成した水素から、メタンを合成してエネルギー源として再利用するプロセスを実証しています。

実証設備は、機器の排気に含まれる水分を除去する「脱水器」、デンソーが得意とする自動車の排ガスを浄化する技術が活かされた「CO2回収器」、回収したCO2と合成する水素を生成する「水素発生装置」、機器に供給するメタンをCO2と水素から合成する「メタン化反応器」等で構成されています。

*本取り組みの技術は(株)豊田中央研究所と共同で開発しました。

実証設備で構築したCO2循環サイクルは、デンソーの生産設備に導入するだけではなく、世界中の様々なモノづくりの現場でのカーボンニュートラルへ貢献していきます。

今後、デンソーは、製品や工場から排出されるCO2の削減、大気中のCO2の回収・再利用により、カーボンニュートラルな社会実現に向けた取り組みを加速します。

デンソーは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.denso.com/jp/ja/news/newsroom/2021/20210407-01/

概要:株式会社デンソー

詳細は https://www.denso.com/jp/ja/ をご覧ください。

Source: Denso

Copyright 2021 JCN Newswire . All rights reserved.