Amatenは1億ドルの売上を記録し、デジタルギフトカード業界の世界的なリーダーになる態勢が整った

Primary tabs

Information
Retrieved on: 
Tuesday, August 11, 2020 - 7:00am




Amatenは日本で60%以上の市場シェアを制し、ギフトカード業界の「次のアマゾン」になり、2027年までに2.7兆ドルに価値が上がると推定された

東京, 2020年8月11日 - (Media OutReach) - 日本最大のデジタルギフトカードマーケットプレイス「Amaten」は、1億ドルもの販売を達成した後、世界中でサービスを展開する計画を発表しました。同社はデジタルギフトカードソリューションを新たに考案し、消費者と業者の両方に“ウィンウィン“状況を作り出し、近年飛躍的な成長を遂げています。今日、Amatenはアラブ首長国連邦のドバイで最初の海外事業を立ち上げました。




2019年以降、ギフトカード市場は6,170億ドル相当の利益を生み出し、コロナ時代にキャッシュレスへの需要が高まっていることから、この数値は2027年までに2兆7,000億ドルに塗り替えられると見られます。この業界はまだ話題になっていない市場であり、現在の技術は昨今のデジタル世界では完全に時代遅れと言えます。

小売業者はデジタルギフトカードの導入を検討するも、ギフトカードの購入オプションが限られており、有効期限が設けられていて使いづらいという一般的な問題に加えて、簡単にカードが不正に使用されるリスクがあり、経済的損失を引き起こす技術的なエラーに頭を抱えています。そこに需要を発見したAmatenは長年培った経験と技術力でフィンテック企業に生まれ変わり、日本でもたらした大成功は、デジタルギフトカード業界における革命的な変革から生まれました。

Amatenはデジタルギフトカードをブロックチェーンと統合して再設計しました。ギフトカードを受け取り、自動化された契約を締結させ、完全にデジタル化することで結果的に現在のテクノロジーの構造的な欠点をすべて解決することができました。ブロックチェーンは最高レベルのデータ暗号化を保証し、ギフトカードを追跡して悪用されないようにすることができるため、これはセキュリティの観点から業者と消費者にとって大きな利点となります。

この高機能な統合により、Amatenはインターネット上で最も安全なギフトカード発行会社となり、他のサプライヤー間でよく起こる「ギフトカードエラー問題」を解決する事により、フィンテック業界で待望のパラダイムシフトを起こします。

現金でのギフトカードの購入を受け入れる以外に、Amatenは世界初でギフトカードをビットコインでも購入できるサービスを提供しました。反対に消費者は不要になったギフトカードを現金に変えることができるため、毎年世界中で10億ドルの損失となる未使用のカードの問題を解決し、消費者の利益に変えました。

現在、Amatenプラットフォームは、日本市場でAmazon、Apple、Google、Netflixなどの上位26のグローバルマーチャントギフトカードを取り扱っています。

Amatenは間もなく、世界中のすべての業者がギフトカードを発行できるようにします。それにより買い手は近い将来の買い物に使用するギフトカード安く購入することができ、逆に業者は現在のように経済が低迷している場合でも先払いでキャッシュを得られる為、ビジネスを経済的に存続し続けることができます。

Amatenのイノベーションは、1995年から日本でIT起業家、ベンチャーキャピタルとして大きな役割を果たした人物で、現在Amatenの会長を務めている日本のIT業界リーダーの1人である金澤朝海氏からインスピレーションを得ています。

Amatenが投資家に与える機会について、金澤朝海氏は次のように述べています。「今後Amatenは独占的企業になり、現在のギフトカードをさらに身近で良いものに変えるでしょう。なぜなら私たちは現金とギフトカード間のラストマイル問題を解決しているからです。最近までは業界がそれ自体を新たに構築することは不可能と考えられていましたが、AmatenはAelfとの戦略的パートナーシップと、すでに稼働しているブロックチェーンソリューションを使用して、これらの構造的問題に取り組み、消費者と業者にシームレスな体験を保証し、最終的に本物のフィンテックデジタルを構築し、製品と業界とその市場のサイズをさらに拡大しています。これは、今すぐ使用できるブロックチェーン技術の真の活用事例なのです!」

金澤氏はまた、次のように述べています。「ホテルチェーンなどに提供できるOEM供給ソリューションや、フルデジタルでシームレスなエコシステムを構築するための企業向けインセンティブプログラムからも多くの問い合わせが来ています。」

AMAに関心をお持ちのすべての方に、私たちのテレグラムチャンネルや、当社のウェブサイトamaten.ioにご招待しています。私とチームがあなたの質問に喜んでお応えし、お手伝いします!

Source: Amaten

Copyright 2020 JCN Newswire . All rights reserved.