三菱自、『エクリプス クロス』を一部改良するとともに、特別仕様車「BLACK Edition」を設定

Information
Retrieved on: 
木曜日, 11月 10, 2022




東京, 2022年11月10日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』にブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「BLACK Edition」を設定、また、グレード展開の見直しや機能装備の充実など一部改良を実施します。全国の系列販売会社を通じて、「M」「G Limited Edition」を11月10日(木)より販売を開始、その他グレードは2023年2月16日(木)からの販売を予定しています。車両本体のメーカー希望小売価格はPHEVモデルが3,863,200円~4,650,800円(消費税10%込)、ガソリンモデルが2,542,100円~3,520,000円(消費税10%込)。

1. 主な変更点
(1)PHEVモデルとガソリンモデルのグレード展開を見直して、それぞれ「P」「G」「M」とし、特別仕様車「BLACK Edition」と「G Limited Edition」を設定しました。
(2)エレクトリックテールゲート(ハンズフリー・停止位置メモリー機能付)の採用により荷物の積み下ろしの際の利便性を向上させました。(「P」「G」「BLACK Edition」に標準装備)
(3)ガソリンモデルにも高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を追加。高速道路の長距離走行や渋滞時の疲労を低減します。(「P」「G」「BLACK Edition」「G Limited Edition」に標準装備)

2. 特別仕様車「BLACK Edition」の商品概要
「BLACK Edition」は上級グレード「P」をベースに、ブラックをアクセントとした上質かつスポーティな内外装としました。
エクステリアでは、スキッドプレート(フロント/リヤ)、サイドドアガーニッシュ、ドアミラーをブラックで統一するとともに、専用ブラック塗装のアルミホイールを採用しました。
インテリアでは、メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュをブラックに、ドアグリップとインストルメントパネルオーナメントをダークシルバーとし、シートやドアアームレスト、ディンプル付本革巻ステアリングホイールにグレー系のステッチを配することで、落ち着きのある上品な空間を演出しました。
エレクトリックテールゲートを採用し、つま先をリヤバンパー下に出し入れするだけで開閉可能なハンズフリー機能や、ゲートが開く高さを任意に設定できる停止位置メモリー機能を搭載し、荷物が多い日や雨の日など両手が塞がるような様々なシーンでの利便性を高めました。

3.PHEVモデル・ガソリンモデル共通の主な変更点
エレクトリックテールゲートを標準装備として利便性を高めたほか、リヤシートにシートヒーターを標準化するなど快適性を向上させました。(「P」「G」「BLACK Edition」に標準装備)
後席充電用USBポートを新たに採用しました。後部座席でスマートフォン等のデジタルデバイスの充電が可能になり利便性を向上させています。(「P」「G」「BLACK Edition」「G Limited Edition」PHEVモデル「M」に標準装備)

4.PHEVモデルの主な変更点
ガソリンモデルに設定されていた「G Limited Edition」をPHEVモデルにも設定。高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」、LEDヘッドライト&フォグランプなどを装備し、快適性・利便性を向上させながら、お求めになりやすい価格設定とした特別仕様車です。

5.ガソリンモデルの主な変更点
PHEVモデルに設定されていた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」をガソリンモデルにも新たに採用しました。車両がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援することで、高速道路での長距離走行や渋滞時において、ドライバーの負担を軽減し、ロングドライブでの快適性・利便性を向上させます。(「P」「G」「BLACK Edition」「G Limited Edition」に標準装備)

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2022/detail5664.html

三菱自動車について

三菱自動車はSUVづくりのノウハウとラリーで培った四輪制御技術、そして電動化技術に強みをもつ自動車メーカーです。ルノー、日産とのアライアンスメンバーであり、日本をはじめ、タイ、インドネシア、中国、フィリピン、ベトナム、ロシアなどに生産拠点があり、グローバルで約30,000名の従業員を擁しています。
2009年には世界初の量産EVであるアイ・ミーブ、2013年には世界初のSUVタイプのプラグインハイブリッドEVであるアウトランダーPHEVを発売するなど電動車普及に取り組んでまいりました。
2020年には新環境計画パッケージを策定し、脱炭素化社会の実現に貢献しながら、行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したいというドライバーの想いに応えるクルマづくりを推進しています。
詳細については、当社ホームページをご覧ください。 https://www.mitsubishi-motors.com/jp/

Source: Mitsubishi Motors

Copyright 2022 JCN Newswire . All rights reserved.