三菱重工、石炭ボイラにおけるアンモニア高混焼技術の開発・実証について発表

Information
Retrieved on: 
金曜日, 1月 7, 2022 - 6:00am
Stock Symbol: 




東京, 2022年1月7日 - (JCN Newswire) - 株式会社JERA(以下「JERA」)および三菱重工業株式会社(以下「三菱重工」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のグリーンイノベーション基金事業/燃料アンモニアサプライチェーンの構築プロジェクトにおいて、石炭ボイラにおけるアンモニア高混焼技術の開発・実証に関する事業の応募を行い、このたび採択を受けました。

水素を低コストで効率良く輸送・貯蔵できるアンモニアは、エネルギーキャリアとしての役割に加え、火力発電の燃料として直接利用が可能であり、燃焼時にCO2を排出しない燃料として、温室効果ガスの排出削減に大きな利点があると期待されています。脱炭素社会の実現には、イノベーションによりアンモニアの混焼率を拡大し、火力発電から排出されるCO2を削減することが重要です。

本事業は、石炭ボイラに適したアンモニア専焼バーナを開発し、実機で実証運転することを目指すもので、事業期間は2021年度から2028年度までの約8年間です。2024年度までに、アンモニアの専焼が可能なバーナを開発するとともに、実機実証に向けて設備の基本計画を策定します。その結果を踏まえ、JERAの保有する三菱重工製の石炭ボイラでの実証可否を判断します。実機実証では2028年度までに、ボイラ型式の異なる実機2ユニットにおいて50%以上のアンモニア混焼を検証する計画です。

JERAは「JERAゼロエミッション2050」を掲げ、2050年時点で国内外の事業から排出されるCO2の実質ゼロに挑戦しています。火力発電についてはよりグリーンな燃料の導入を進め、発電時にCO2を排出しないゼロエミッション火力を追求しています。今後とも、主体的に脱炭素技術の開発に取り組むとともに、経済合理性を確保すべく努力を重ねていくことで、エネルギーの脱炭素化に貢献してまいります。

三菱重工は「MISSION NET ZERO」を掲げ、CO2削減に貢献できる製品・技術・サービスを通して、世界中のパートナーとの協調によりエナジートランジションを推進し、グループの総合力を結集してカーボンニュートラル社会の実現に向けて貢献します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/22010702.html

三菱重工グループについて

三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、 モビリティの電化・知能化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。詳しくは: 三菱重工グループのウェブサイト: www.mhi.com/jp

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

Copyright 2022 JCN Newswire . All rights reserved.

divider: