富士通、スーパーコンピュータ「富岳」がTOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500にて2期連続世界第1位を獲得

Information
Retrieved on: 
Tuesday, November 17, 2020 - 12:00am
Organisation: 
Fujitsu Ltd
Stock Symbol: 




東京, 2020年11月17日 - (JCN Newswire) - 理化学研究所(理研)と富士通株式会社(富士通)が共同で開発しているスーパーコンピュータ「富岳」は、世界のスーパーコンピュータに関するランキングの、(1)「TOP500」、(2)「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」、(3)「HPL-AI」、(4)「Graph500」のすべてにおいて、第2位に大きな差をつけて、第1位を獲得しました。この結果は「富岳」のフルスペック(432筐体、158,976ノード)によるもので、「ISC2020」(2020年6月時)の数値を上回り2期連続の世界第1位を獲得しました。

これらのランキングは、現在オンラインで開催中のHPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング:高性能計算技術)に関する国際会議「SC20」において、11月16日付(日本時間11月17日)で発表されます。

これら4つのランキングすべてにおける2期連続での第1位獲得は、「富岳」の総合的な性能の高さを示すものであり、新たな価値を生み出す超スマート社会の実現を目指すSociety5.0において、シミュレーションによる社会的課題の解決やAI開発および情報の流通・処理に関する技術開発を加速するための情報基盤技術として、「富岳」が十分に対応可能であることを実証するものです。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/11/17.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd

Copyright 2020 JCN Newswire . All rights reserved.